マイPKフィット® ver. 3.0とは?
               

マイPKフィット®アプリの情報サイト

医療関係者向け情報

医療関係者向けの情報は、日本国内の医療関係者の方(医師、薬剤師、看護師など)を対象に、医療用医療機器の適正使用のための情報を提供しています。
一般の方や国内外の医療関係者の方への情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。

あなたは
医療関係者ですか?

患者さん向け情報

患者さん向け情報は、アドベイト®またはアディノベイト®による治療を受けている血友病A患者さんとご家族の方に適切な情報をお届けすることを目的としています。

あなたは、アドベイト®または
アディノベイト®による治療を現在受けていますか? または患者さんのご家族ですか?

2.

マイPKフィット® ver. 3.0とは何ですか?

血友病A患者さんの日常生活をサポートする新しい医療用医療機器です。


第VIII因子製剤の投与用量を体重から算出する従来の方法では、薬剤の消失速度に個人差があるため、体内の第VIII因子活性の推定値を誤ることがありました。第VIII因子活性値が低い時には運動など特定の活動を控えた方が良いため、このことが患者さんの日常生活に与える影響は重大です。しかし、個別の体内滞留時間を考慮して第VIII因子の投与量を算出することで、より正確にその体内活性値を推定することができ、場合によっては、出血リスクを増大させることなく投与回数を減らすこともできます。

mypkfit-list

以前は、各々の第VIII因子の体内滞留時間を計算するために最大11検体の血液サンプルが必要でしたが、マイPKフィット®ではわずか2検体の血液サンプルがあれば十分です。

mypkfit-list

マイPKフィット®には、医師用のソフトウェアと患者さん用のモバイルアプリがあります。医師用ソフトウェアを用いて医師は、投与量を計算し投与間隔を決めることができます。

mypkfit-list

また、患者さん用に自身の現在の推定第VIII因子活性値をリアルタイムで把握できる使い勝手の良いモバイルアプリを開発しました。

mypkfit-list

マイPKフィット®を使うことで、患者さんは週あたりの投与回数を減らし、生活の質を向上できる場合もあります。

マイPKフィット®によって患者さんは、生活や活動を自ら計画することで、安心してやりたいことをご自身で決められる可能性があります。

mypkfit_diagram

患者さんはこのアプリで現時点および将来の推定第VIII因子活性値をいつでも確認することができます。また、第VIII因子活性の推定値が低すぎる場合に警告するアラームを設定することもできます。このため患者さんは、個々のPKプロファイルを可視化でき、安心してやりたいことをご自身で決められると考えられます。

© Shire Japan KK All rights reserved.